家を建てる方

家を建てることになったのだけどどうすればいいの?


新築の家を建てられている方は、建物の新築後1カ月以内に必ず建物の『表題登記』をしなければなりません。

そして、この『表題登記』を代理して業務を行うのが土地家屋調査士です。
しかし通常は、建築業者や借入をする金融機関のやり取りで取引のある土地家屋調査士に表題登記の依頼がされ、一般のお客様(施主様)はいつ誰がどのように登記をしたのかご存じないというのがほとんどだと思います。

例えば、Aとういうハウスメーカーで家を建てたとします、A社は取引のある土地家屋調査士に表題登記を依頼します。または借入先のB金融機関等であれば、B金融機関と取引のある土地家屋調査士に登記の依頼するというのが一般的です。
建築費用はあれやこれやと考えるのに、登記費用は考えない・・・。なぜでしょうか?登記の事まで考えがまわらない・・・。登記のことなんかよく分らないし金額も高額とまではいかないからまあいいか・・・。そんな感じではないでしょうか。

しかし、ここで考えて頂きたいのは、登記の必要性がご存じであればお客様がわれわれ土地家屋調査士を選ぶべきだと思うのです。
土地家屋調査士のことを知っていることと知らないことでは、やはり大きな違いが出てくるのではないでしょうか?知っていて損をすることは無いと思いますよ。

では具体的にどうしたらよいのか・・・。

まずは ご自分のハウスメーカーの担当者に 登記の手続きについて詳しくお尋ねになって下さい。
ご自分の新築物件の登記はいつ(どのタイミングで)、誰(何という土地家屋調査士)が登記し、料金は幾らなのか・・などです。勿論、ご自分のお知り合いの土地家屋調査士に業務を依頼したい!などと要望するのも良いでしょう。

どうでしょうか?

これだけで、任せっきりにしていた登記という手続きが随分 身近で自分にとって必要なことと意識が変わるのではないでしょうか?

さらに詳しく知りたい場合はお気軽にお問い合わせください。



家を増築する方

既存建物の面積や種類が変更したときにする登記が必要です。

建物の増築をした場合は、増築後1カ月以内に必ず建物の『表題部変更登記』をしなければなりません。
そして、この『表題部変更登記』を代理して業務を行うのが 土地家屋調査士です。
しかし通常は、建築業者や借入をする金融機関と取引のある土地家屋調査士に登記の依頼がされ、一般のお客様(施主様)はいつ誰がどのように登記をしたのかご存じないというのがほとんどだと思います。

例えば、Aとういう工務店で家を増築したとします、A工務店は取引のある土地家屋調査士に増築の登記を依頼します。または借入先のB金融機関等であれば、B金融機関と取引のある土地家屋調査士に登記の依頼するというのが一般的です。

建築費用はあれやこれやと考えるのに、登記費用は考えない・・・。なぜでしょうか?
登記の事まで考えがまわらない・・・。登記のことなんかよく分らないし金額も高額とまではいかないからまあいいか・・・。そんな感じではないでしょうか。

しかし、ここで考えて頂きたいのは、登記の必要性がご存じであればお客様がわれわれ土地家屋調査士を選ぶべきだと思うのです。
土地家屋調査士のことを知っていることと知らないことでは、やはり大きな違いが出てくるのではないでしょうか?知っていて損をすることは無いと思いますよ。

さらに詳しく知りたい場合はお気軽にお問い合わせください。

建売物件を購入する方

建売物件を買うことになったのだけど、登記を自分で依頼することってできるの?


新築の建売住宅を購入する方は、建物の購入後1カ月以内に必ず建物の『表題登記』をしなければなりません。

そして、この『表題登記』を代理して業務を行うのが 土地家屋調査士です。

しかし通常は、建売業者や借入をする金融機関のやり取りで取引のある土地家屋調査士に表題登記の依頼がされ、一般のお客様(施主様)はいつ誰がどのように登記をしたのかご存じないというのがほとんどだと思います。
例えば、Aとういうハウスメーカーで建売住宅を購入したとします、A社は取引のある土地家屋調査士に表題登記を依頼します。または借入先のB金融機関等であれば、B金融機関と取引のある土地家屋調査士に登記の依頼するというのが一般的です。
建築費用はあれやこれやと考えるのに、登記費用は考えない・・・。なぜでしょうか?登記の事まで考えがまわらない・・・。登記のことなんかよく分らないし金額も高額とまではいかないからまあいいか・・・。そんな感じではないでしょうか。

しかし、ここで考えて頂きたいのは、登記の必要性がご存じであればお客様がわれわれ土地家屋調査士を選ぶべきだと思うのです。
土地家屋調査士のことを知っていることと知らないことでは、やはり大きな違いが出てくるのではないでしょうか?知っていて損をすることは無いと思いますよ。

さらに詳しく知りたい場合はお気軽にお問い合わせください。


Page Top