真北測量

真北測量概要

建築基準法による北側斜線制限や日影規制に関連して、 最近では、建築確認申請時などに、現地での精密な計測による、 方位角や「真北」の計算が必要とされてきています。
原登記測量事務所では、国土地理院の電子基準点 ネットワークを利用し、簡単・高精度に真北計測を 行うシステムを採用し、現在、一般に行われているトータルステーションによる太陽観測や電子コンパスによる方法に比べ、正確で効率的な計測 が可能です。従来手法の問題点として、磁北からの磁気偏角補正などの簡便な方法では、電線・鉄道・その他金属など周囲の影響を受けやすく、自治体や検査機関などによっては認められない場合も出てきています。
また、太陽観測などの問題として、多くの場合1級トータルステーションやセオドライトを用いる測量技術が必要となるため、太陽の動きにあわせ、日の出後または日没後2時間以内に観測実施しなければならないなど、数多くの制約があります。

私たち原登記測量事務所では最新鋭のGNSSシステムを使用し、上記の問題点を解決することで、正確さ・迅速さ・低価格を実現し、皆様のお役に必ずたてると思っています。



真北測量とは?

真北 (しんぽく)とは、北極星を北の基準にして測った北をさします。これは経線あるいは子午線が示す北、つまり北極点の方向です。これに対して、磁北(じほく)と呼ばれる、磁石で表示される北を基準にする北がありますが、磁北と真北は微妙にずれています。建築基準法による北側斜線制限や日影規制に関連して建築確認申請は真北計測が求められているようです。そのため当事務所ではネットワーク型RTK-GNSS測量により、建築業者様のニーズにあった真北測量を行います。


帳票出力例(成果出力例)


Page Top